国別データ 楽しみ方 『オーストラリア』『ニュージーランド』『マレーシア』

『オーストラリア』・・留学先のみならず、ロングステイ先としても常に人気の高いオーストラリア。その理由には、国土は広いが、温暖でさわやかな気候の地域が多く、時差も少ない、中高年にはとても過ごしやすいといえます。また、オーストラリアではさまざまなスポーツを楽しむ環境が整っています。スキューバダイビング、スカイダイビング、フィッシング、スキーなどさまざまで、特に人気が高いのがゴルフ。プレー料金も安く、初心者でも気軽に出来て、コースが数多く点在しているのも魅力的です。それから、オーストラリアは、世界有数のワイン大国としても知られています。主に南部で栽培されていますが、世界的に有名な産地も多く、ワイナリー訪問ツアーも多数用意されています。そしてなんといっても、オーストラリアは自然豊かな国。世界遺産にも登録されいている素晴らしい場所が多く存在しています。ウルル・カタジュタ国立公園のエアーズロックや世界最大の砂の島フレーザー島、シドニー郊外のブルーマウンテンズなどスケールの大きな自然や、先住民族のアボリジニの文化などを目の当たりにできることは貴重な体験となるでしょう。 

『ニュージーランド』・・日本とは反対の南半球に位置しているため、四季が逆になっているとはいえ、日本ほどはっきりした季節の境目はなく、1年中温暖な大陸性気候です。オークランド、ウェリントン、ロトルアなどの都市のある北島と、クライストチャーチ、マウントクック、クイーンズタウンなどの緒市のある南島、それにスチュワート島と小さな諸島からなるニュージーランドは、どこまでも続く農牧地と遠くに連なる山々といったのんびりと優雅な景色が広がります。日本でいうトレッキングはトランビングと呼ばれ、多くの国民に愛されているメジャーなアクティビティのひとつです。シーズンは10月下旬~4月上旬。政府機関でもある観光保護局DOCが最も素晴らしいと選出した9つのベストコースはグレイトウォークといわれているので、ぜひ訪れてほしいものです。また、絶滅危惧種に指定されている珍鳥が数多く存在しているため、珍鳥ウォッチングをすることができます。そして、温暖な気候のおかげもあって、ガーデニングも盛んです。特にクライストチャーチは、世界でもっとも美しいガーデンシティと称されるほどで、大規模なフラワーフェスティバルなども開催されています。豊かな自然を存分に触れることができる素晴らしい国です。 

『マレーシア』・・東南アジアの中心に位置し、マレー半島とボルネオ島の一部サバ州、サラワク州から成り立っています。日本より少し小さい国土に、マレー系、中国系、インド系などの文化や言語、生活習慣の異なるさまざまな民族や、多数の部族に分けられる先住民が共生しています。多民族共生社会では、公用語同然に英語が用いられており、複数民族間の共通語として重要な役割を果たしています。首都であるクアラルンプールは、商業および観光の中心地として知られる活気あふれる都市。近代的に洗練された街並みと多様な文化的遺産がほどよく調和している魅力的な街です。美しいビーチリゾートを数多くみられるマレーシア、ダイビングのスポットもあり、サンゴや貝が一面に広がっています。また、ビーチのほかにも世界最大級の熱帯雨林をもち、国土の約7割が森林に覆われ、そこは動植物の宝庫となっています。自然を活かした公園やリゾート地区がたくさんあり、国立公園や自然保護区には本格的な熱帯雨林があり、珍しい昆虫や動物、希少植物などが多数見る事ができます。それから、物価については日本の約5分の1ほどで、交通費や食費、娯楽費、そして留学費も他国よりは安いので、存分に海外生活を楽しみたいという人にはうってつけの都市といえます。

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です